無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

友達
あなた

じゃあここで。

翔悟
うん。帰り迎えに行くから。
ガラガラ
あなた

おはようございま、、、す。

あはは
そうだよねー笑笑
笑い声や話し声が沢山聞こえてくる。
愛菜
あなた
愛菜
おはよう‼︎
翔悟と違うくて残念だったねー。
あなた

え!まって、愛菜と一緒‼︎
やったー!おはよう😃
そうだよね。残念

愛菜
笑笑。そうだよー!一緒だよー!
そういえば快陸も一緒だよー!
あなた

そうなんだー!
(翔悟と違うくて他見てなかった、、、。)

快陸
あなた、愛菜おは。
あなた

おはー。

愛菜
この子は、私の数少ない友達。
私が翔悟を好きだと知っている。
快陸が好き?
快陸
快陸は、なぜか私に話しかけてくれるの。
男友達ってやつ!イケメンで、モテるんだよ!
今日は、午前中授業!
あなた

授業、早く終わってほしいなー!

愛菜
何でー?
あなた

だって翔悟と一緒に帰れるんだよ!!

愛菜
ふーん笑笑。よかったねー^^
キーンコーンカーンコーン
先生
授業を始める