無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

やったああー
はぁはぁ
あなた

もう、4分で来いとか、

ピーンポーン
翔悟
はーい
翔悟
お、ピッタしやん。
今は、7時ピッタリだ。
あなた

お、本当だー

あなた

もうー、急いで来たんだからね?

翔悟
おお笑
お疲れ様笑笑
翔悟
入って入って!
あなた

うん!お邪魔します

え、ヤバめっちゃキレイ!
あなた

すごーい!翔悟ってキレイなんだね

翔悟
は?笑
翔悟
まあ、そこら辺に座ってよ?
あなた

うん

あなた

で、何?

翔悟
あー、
翔悟
あのさ相談あるんだけどさ
あなた

うんうん

翔悟
俺さ上田先輩って人に告られてんだよね
で明日返事しないとダメなんだけど
どうすれば良いかな?
あなた

えーそんなの、自分で決めなきゃダメだよ!

翔悟
そんなこと分かってる。でも分かんないんだ、
本当は、行かないでって言いたいんだけどなぁ
そんなの言ったら、翔悟引くよね、
あなた

じゃあ翔悟は、上田先輩のこと好きなの?
好きじゃないの?

翔悟
ん、
翔悟
好、好きじゃない、、
あなた

そっかあ

やったぁぁぁぁぁぁ
翔悟
てか、
目を真っ直ぐ見つめてきて、
翔悟
おれ、他に好きな人いるしな
あなた

え、

どきん💕