プリ小説

第4話

#4
ンダホとモトキのLINE
もとき
ンダホ、俺気づいちゃった
ンダホ
何が?
もとき
俺あなたちゃんのこと好き
ンダホ
えええ∑( °口° )!?
もとき
そういうことだから
ンダホ
う、うん(もときまじか・・・でもあなたちゃんいい子だし応援してやるか・・・)
次の日
あなた

おはようもときくん!

もとき
おはよう!!
もとき
(可愛いなぁ)
生徒
何あいつ
生徒
もときくんと普通にはなしてんじゃん
生徒
転校してきたくせに
生徒
ちょっとだけ話そか
生徒
あなたちゃん?ちょっと来て?
あなた

うん。どうしたの?

生徒
ここじゃ言えないからこっち!
体育館裏に連れてこられた
生徒
あのね!私もときくんのことずっと好きだったの!
あなた

え?!
そうだったんだ!

生徒
だから協力して?
あなた

何するの?

生徒
もときくんと話さないで
あなた

え。それは嫌だ
もときくんとはなしてて楽しいし・・・

生徒
協力してくれないんだ・・・
最低だねみそこなった
生徒
バイバイ
あなた

え?!

あなた

(なんでいきなり??)

そのあと生徒は本木のいる所へ走っていった
生徒
(1人じゃん!ラッキー)
((泣き真似をしながら走る))
もとき
え?!どうしたの?
生徒
あなたちゃんね、
いい子そうだなと思って仲良くしたくてね・・・
でもどうしたらいいかわかんなかったから
好きな人の応援してって言ったら嫌だって言われて
あなたちゃんその子と仲良いし・・・
もとき
それまででいいよ!
たぶんあなたちゃんも悪気があって言ったわけじゃないだろうし・・・
はじめて話すのにそんな話されてびっくりしてるだけじゃない?
生徒
(やばいここはすぐ抜けないと嫌われる・・・)
ぅんそうだね
もとき
ほんじゃ俺行くね?
もときがそこからいなくなる・・・
生徒
なんなのよ!!
なんであいつだけ・・・
もっとパンチのあることしないと・・・
あ、そうだ・・・
あの子達に話そう、噂でもたっていじめられればいい
それかあいつを・・・痛い目見せてやろうかな
走ろうとした瞬間誰かに腕を掴まれる
マサイ
そこまでにしよっか
生徒
?!
マサイ
全部聞いてたし・・・
録音してたし・・・
それでもまだやるならもときに突き出すからな?
生徒
え?!
うそ!いつから??
マサイ
あなたちゃん連れてって危ないなと思ったらこのザマだよ
マサイ
お前とあなたちゃんの違いを教えてやるよ
あなたちゃんは違うことは違うっちゃんと言うよ?
生徒
・・・はいもうしません
一方その頃のもとき
もとき
あなたちゃん。
大丈夫?
あなた

え?なにが?

もとき
何もされてない?あいつに・・・
あなた

え?会話聞いてたの?

もとき
いやただの感
ごめんね なんか
あなた

もときくんのせいじゃないよ・・・

もとき
また何かされそうになったらどんな手を使ってもいいから
連絡してね?
あなた

うん!ありがとう
(優しいな・・・なんだろ・・・変な感じ)

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

恋夢
恋夢
えむと読みます。 妄想します リクエスト答えます(❁´ω`❁) once、ミナペン army、ジミンペンです ウオタミ、マサイノヒト よろぴこ 結婚報道待ってます。 (わかる人にはわかる。) アンチはお断りします。