無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

#5
マサイ
もとき
もとき
あぁマサイ・・・
俺守れなかったかも・・・
またされてたらどうしよ
マサイ
大丈夫、俺がそうならないようにしたから
もとき
うん・・・
もとき
(なんでマサイこんなに手を焼いてくれるんだろ?
なんでこんなに優しいの?もしかして・・・そんなハズは)
マサイ
俺先帰るわ
もとき
お、おう!
マサイの家
マサイ
・・・なんでこんなに優しくしてるんだろ。
モトキのため?いや違う・・・
じゃぁだれのため?もしかしてあいつ・・・
ピコ!もときからのLINE
もとき
マサイなんか話さなきゃいけないことない?
マサイ
え?なにいってんの
もとき
いい電話する
もときとの電話
もとき
お前好きな人いない?
マサイ
いねぇー・・・とは言えないな
もとき
もしかしてお前あなたちゃんのことが
マサイ
いや俺は多分琴子ちゃんが好きだ
もとき
なんでそう言いきれるの?
マサイ
俺はあなたちゃんをお前と琴子ちゃんの為に助けてる
でも真っ先に浮かぶのは琴子ちゃんだから笑
もとき
そっか良かったぁー
マサイ
なんかごめんな!
そこで会話が切れた・・・
次の日
もとき
おはようあなたちゃん
あなた

おはよもときくん

あなた

来週から夏休みだねぇー

もとき
夏休みどっか行かない?
あなた

琴子ちゃんも誘う??

もとき
いや・・あの、二人で!!
あなた

そう?いいよ!(二人かぁなんか緊張するなぁ)

あなた

でもみんなとも遊びに行こうね?

もとき
当たり前だよ
ンダホ
何??夏休みのこと?
マサイ
遊ぶ!!!!
琴子
宿題もあるけどね?
あなた

琴子ちゃん現実戻さないで!!笑

やっぱり楽しい
この人達は最高だ・・・ずっとずっとこのまま友達だったら
よかったのに