プリ小説

第7話

地下迷路+お知らせ
第三者視点
海人
背中に隠し持っている武器で、
この牢屋をぶち壊せばいいだけの話だ!
育人
よし!
馬鹿力が自慢の僕に任してよ!
ペシ。
軽く叩いたはずなのに簡単に壊れてしまった。
遊園地の店員?
あ~あ。
開けちゃった♪
愉しそうに嗤う(・∀・)
遊園地のスタッフ
 まっ、私の用件はここで終わったし
遊園地のスタッフ
後はどうなっても知らないよー



花香side
出れたのはいいわ。けど、ここから先は?
愛香
そんなことなら、私にお任せ!
愛香
10秒で戻ってくる!
忘れてた。
四つ子の中で一番かけっこが速くて、手先が
器用なのは愛ちゃんだった
愛香
ただいま~♪ε=ヾ( ・∀・)ノ
愛香
半径500メートル位のトラップは全部壊してきたの!
迷路にさ迷い中☆
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
きゆです
第4回プリコンのタグを外させて貰います。
理由は、中々時間が無くて更新出来ず、終りそうに
無いからです。
今回は短いですがこれにて。
近々ぼくらは夢売り屋を更新したいと考えてます。
以上です(*・ω・)ノ

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

(*´∀`)きゆ
(*´∀`)きゆ
日常 "∩(´・ω・`)つ―*'``*:.。. .。.:*・゜゚・*  もうどうにでもな~れ" 魔法は効かなかった! きゆ(*´∀`)です。 今のところ、プリ小説では2本連載中。