プリ小説

第7話

6話シルクside
俺はあなたを、探すために執事に手伝ってもらった
シルクの執事
見つかりませんね
シルク
シルク
どこにいるんだろう
シルクの執事
これ以上探しても見つかりませんよ
シルク
シルク
靴あるよね?
シルクの執事
あります
シルク
シルク
その靴貸して
シルクの執事
何に使うのですか?
シルク
シルク
いいから貸して
シルクの執事
ハイわかりました
靴をもらった
シルク
シルク
足小さい
シルクの執事
小さいですね
シルク
シルク
あんまりその小さ差の人いないよね
シルクの執事
いないと思います
シルク
シルク
この靴がはける女の子があなただよ!ガラスの靴を使うんだよ!
シルクの執事
いい考えですね
そうして俺と執事は、靴を持って町に出た
シルク
シルク
この靴はけますか?
女の子
入らない
女の人は、全員自力でも入れようとしている。
ガラスの靴がつぶれるんじゃないかといつも思う

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

KOTOHA🔫
KOTOHA🔫
すとぷりさとみくん推しです!🍓👑 タメ語で( ・∀・)b OK! AAA😘にっしー💛宇野ちゃん💜 フイッシャーズ🐬🐟シルク💞 ディズニー🐭🏰✨ はじめしゃちょー🙈💞 こもも🐟🐻ファンクラブ第18号(ももくま) 🍬ʚ❤ɞ
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る