プリ小説

第8話

7話
あなたは、シルクが探している事も知らず毎日掃除をしていた
ネズミ男の子
ネズミ男の子
あなた
あなた

ん?どうしたの?

ネズミ女の子
ネズミ女の子
トリたちに聞いたんだけど、王子様が1人の女性を探してるらしいよ
あなた

そうなの!?

ネズミ男の子
ネズミ男の子
聞かされてないみたいだね
あなた

聞いてないよ

トリたち
トリたち
教えといてよかった
あなた

ありがとうね!トリさん

トリたち
トリたち
どういたしまして
シルクたちがあなたを探してる事をあなたは、聞きいた。でも、多分お母様は私が舞踏会に行ったことを知らないから会わせないだろう。
お姉さん
あなた〜あなた〜
あなた

行かないと

お姉さん
今日は、シルク様が来るのよ!
私をもらいに
あなた

良かったですね。お姉様

お姉さん
絶対にガラスの靴を吐くのよ
あなた

そうですか。
頑張ってください

その時だ。私の部屋からお母様の声がする
お母様
来なさい!あなた
あなた

あ!はい!今いきます!

お母様
何よこれ?
その時、お母様が持っていたのは私の大事なガラスの靴。
お母様
誰かからパクたの!💢
あなた

パクってません

お母様
誰のよ!このガラスの靴は
あなた

私のです

お母様
あんたみたいな汚い人間がこんなもの持っていたらダメなの!
そういった瞬間、ガラスの靴を床に叩き落とした
お母様
あ、ごめんなさいw手が滑ったのよ
そう言って部屋を出ていった
あなた

どうして...こうなるの😭😭

ネズミ男の子
ネズミ男の子
あなた...
ピンポーン
お母様
あ!はい
シルクの執事
家にいる娘さん全員呼んできてください
お母様
ハイわかりました
シルク
シルク
(あの気持ち悪い子がいるんだろうなぁ)
お姉さん
あ!はい♡王子様♡
シルクの執事
早く靴を履いてください
お姉さん
はーい♡
お姉さん
んっ!もうちょっともうちょっと
シルク
シルク
あの、潰れるのでやめてください
シルクの執事
もういいです。終わってください
お姉さん
後ちょっとだから待ってね。王子様!
シルク
シルク
いや...
(君と結婚する気さらさらない)
あなた

🎵🎶🎵🎶

シルクの執事
誰か歌ってます?
シルク
シルク
ほんとだ素敵な歌声だ
お母様
いや!だっ誰もいません!
シルク
シルク
嘘ついてますよね?
シルクの執事
家の中見されてください
お母様
いやです!
シルクの執事
命令です
誰かが私へ続く階段を歩いてくる
シルク
シルク
カギかかってる
あなた

小声(シルクさん?

シルクの執事
お母様は、今すぐ開けてください
お母様
はい...
ドアが開いたそこに居たのはシルクさんとシルクの執事だった
シルク
シルク
(あなただ)
シルクの執事
(あの時の)
このガラスの靴を履いてみてください
あなた

はい...

シルク
シルク
待って!俺がはかす
そうして私はガラスの靴がはいった。
あなた

はいった

シルク
シルク
やっぱり、
あなた

シルクさん...

シルク
シルク
あなた...
シルク
シルク
結婚してください
あなた

はい

そうして私はおとぎの国のお姫様になった。
そしてそこで話が終わる

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

KOTOHA🔫
KOTOHA🔫
すとぷりさとみくん推しです!🍓👑 タメ語で( ・∀・)b OK! AAA😘にっしー💛宇野ちゃん💜 フイッシャーズ🐬🐟シルク💞 ディズニー🐭🏰✨ はじめしゃちょー🙈💞 こもも🐟🐻ファンクラブ第18号(ももくま) 🍬ʚ❤ɞ
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る