プリ小説

第32話

私服。
そして次の日になった。
深雪
深雪
うわっ!やばい、もうこんな時間!!
深雪
深雪
いってきまーす!
私は慌てて家を出た。
颯太
颯太
よぉ、みゆき!
深雪
深雪
あ、颯太!おはよー!
颯太
颯太
(今日のみゆき、めっちゃ可愛い…)
颯太
颯太
み、みゆきっ!
深雪
深雪
ん、なに?
颯太
颯太
あ、あのさ、今日の…
深雪
深雪
うわっ、やばい遅れそう!!
深雪
深雪
行こう!
颯太
颯太
う、うん
深雪
深雪
(颯太、なんか言いたかったみたいだけど、なんだろー?)
深雪
深雪
(まぁ、後で聞けばいっか!)
颯太
颯太
(可愛いって言おうと思ったのにな…)
私たちは時間ぴったりに集合場所に着いた。
美月
美月
あ、おはよー!
渚
おはよう!
樹
おはよっ!
隼人
隼人
おはよう。
深雪
深雪
ハァ、ハァ、おはよー。
颯太
颯太
ハァハァ …はよっ!
美月
美月
何、2人とも走ってきたの?
深雪
深雪
うん…
颯太
颯太
疲れたーー
樹
遊びに行く前に疲れてどうすんだよー笑
深雪
深雪
(うわっ、私服の隼人くんかっこいい…)
隼人
隼人
もうそろそろ行こうよ
渚
そーだね!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ミナト
ミナト
中学3年です!テレビ、YouTube好きです!! お気に入り登録、♡ありがとうございます😄 最近お気に入り登録者数が増えていて嬉しいです✨