無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

小さな声
次の日の朝。
樹
じゃ、運動会でみんながどの競技に出るか、てきとーに決めてくれ!
颯太
颯太
クラス対抗リレー以外でよろしくな!
クラスのみんな
はーい
みんなは大体決め終わったみたい。
美月
美月
じゃあ最後に、クラス対抗リレーの選手を決めます!
クラスのみんな
やっぱ陸上部だろ!
クラスのみんな
そうだそうだー!
深雪
深雪
えっと、じゃあ、陸上部6人で決定ってことでいいですか?
ああ、やっぱり人の前で話すの緊張するな…
樹
がんばったな。
颯太
颯太
深雪
深雪
え?
今、樹くんなんか言ったよね!?
樹
・・・
樹くんは何もなかったかのような顔をしている。
渚
では、ご協力ありがとうございました!
隼人
隼人
あざっしたー
そうこうしているうちに、話し合いは終わってしまった。
深雪
深雪
(がんばったな。って言ったよね?)
深雪
深雪
聞き間違いじゃないよね!
美月
美月
急にどうしたのw
深雪
深雪
あれ、声に出てた?
美月
美月
うんw
深雪
深雪
な、なんでもないよ!
颯太
颯太
・・・
その日は、樹くんとはそれっきりだった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ミナト
ミナト
中学3年です!テレビ、YouTube好きです!! お気に入り登録、♡ありがとうございます😄 最近お気に入り登録者数が増えていて嬉しいです✨
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る