プリ小説
一覧へ

第41話

突然。
深雪
深雪
あ、隼人くんっ!
隼人
隼人
なに?
深雪
深雪
この間の観覧車で、えっと、その、告白されたよね?
隼人
隼人
え…うん。
深雪
深雪
美月、いい子だからさ!可愛いし。
深雪
深雪
だから、オッケーしてもいいんじゃないかなぁって思って。
深雪
深雪
(よし、ちゃんと言えた。)
隼人
隼人
あのさ。
深雪
深雪
ん?
隼人
隼人
お前はどーなの。
深雪
深雪
え?
隼人
隼人
だから、お前は本当はどう思ってんのって聞いてんの!!
深雪
深雪
わ、わたし?
深雪
深雪
えっと、、、
隼人
隼人
もういいよ。
隼人
隼人
お前は、俺が美月と付き合ってもいいんだな?
深雪
深雪
え?
隼人
隼人
じゃあな。
深雪
深雪
ちょ、ちょっと待ってよ!
隼人が振り向くことはなかった。
深雪
深雪
(どういうこと?)
深雪
深雪
(自分の気持ちなんて、分かんないよ…)

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

ミナト
ミナト
中学3年です!テレビ、YouTube好きです!! お気に入り登録、♡ありがとうございます😄 最近お気に入り登録者数が増えていて嬉しいです✨