プリ小説

第37話

バレンタインデー
待ち合わせ場所にて。
樹
ハァーー、寒い…
渚
ごめん、お待たせー!
樹
!!!
渚
ん、どしたの?
樹
すっごい可愛い…
渚
////ありがとう…
樹
で、今日はどうしたの?
渚
あ、あのね!
渚
今日は何月何日でしょう?
樹
えと、2月14日…?
樹
あ、もしかして・・・
渚
せーかいっ!
渚
はい、どうぞ…///(箱を渡す)
樹
え、ありがとう!!!
樹
開けてもいい?
渚
えーどうしよっかなぁー
樹
いいでしょ!開けるよ?
渚
どうぞっ
樹
えっっ…
樹
「だいすき」って、
樹
かいてある、、、
渚
普段はあんまり言えないから、、
渚
だいすきだよ。
樹
俺も大好き!!
樹
ありがとう。
樹
めっちゃ嬉しい、、
渚
ホワイトデー、楽しみにしてるからねっ!
樹
よーし、何が欲しい?
渚
んー、
渚
樹くんが欲しいな♡笑
樹
、、、あんまりそういうこと言うなってー。
樹
ちょー恥ずい…
渚
ちょっ、冗談だってー!本気にされると、こっちが恥ずかしくなるじゃーん!
樹
ごめんごめん笑
樹
でも、楽しみにしててよ、ホワイトデー。
樹
とっておきのプレゼント、あげるつもりだから!
渚
うん!わかったー!
樹
渚からの愛、食べるよ?
渚
おーけー笑
樹
あ、これめっちゃ美味い!!ねぇ、・・・
つづく。。



































と、いうことで。
ホワイトデーもお楽しみに!
ミナト

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ミナト
ミナト
中学3年です!テレビ、YouTube好きです!! お気に入り登録、♡ありがとうございます😄 最近お気に入り登録者数が増えていて嬉しいです✨