プリ小説

第38話

また?
先生
座れー、授業始めるぞー
ダヒョン
ダヒョン
先生ー!あなたがいませーん!
男子A
あれ?ほんとだ
女子A
サボってるんじゃないですかー?
ユンギ
ユンギ
あいつが?
先生
まぁ、いいだろう。
授業が終わった
キーンコーンカーンコーン
グク
グク
ねぇ、みんなであなたを探しに行こう
サナ
サナ
そうだね、心配
女子A
ねぇー、グゥー?
グク
グク
女子A
私と一緒に遊ぼー?
グク
グク
無理
モモ
モモ
女Aうるさい
女子A
あなたなんて放っておいてもいいじゃんー
テテ
テテ
無理無理
グク
グク
お前さ
女子A
なーにー?
女子A
っていうかー、名前で呼んでよー
グク
グク
いやいや、きもすぎて無理
グク
グク
あなたに何かしたんじゃないんだろうな?
女子A
えー、(やっば、バレたらまずい)
女子A
し、してないよぉー?だからー、私と遊ぼ?いやらしい事でもして/////
グク
グク
いやいや、無理。誰がお前とヤるか
女子A
ふーん、覚えててねぇー?
ユンギ
ユンギ
早く行くぞ
サナ
サナ
あなたー?
あなた

サナ!?サナ!?誰か助けて!

モモ
モモ
あなた!?
グク
グク
トイレ!?
モモ
モモ
あなた!
ダヒョン
ダヒョン
え、閉じ込められてる
助けてくれたことに感謝感謝━━━(≧∀≦人)━━━感謝
あなた

サナ、モモ、ダヒョン!((((っ´・ω・)っギュッ

モモ
モモ
あなた冷た!
ダヒョン
ダヒョン
濡れてるじゃん!
サナ
サナ
誰に水かけられたの!?
あなた

女子A…

モモ
モモ
はぁぁぁぁー?
サナ
サナ
ぐく!
グク
グク
ダヒョン
ダヒョン
女子Aにかけられたんだって!
グク
グク
は?あいつ
あなた

保健室に行ってくる

グク
グク
うん…
キーンコーンカーンコーン
サナ
サナ
先生ー!あなた、体調悪いので保健室にいます!
先生
そうか。わかった。ありがとう
女子A
(は?ふざけんなよ。調子乗んなクソ女)
あなた

キーンコーンカーンコーン

あなた

さな達ー、怖かったよー笑笑

女子A
ねぇー、グゥー?ちょっと来てぇー
グク
グク
あ?
女子A
あのねぇー、わたs
グク
グク
お前が全部やったんだろ
女子A
バレちゃったぁー?
女子A
ならさぁー、私の言うこと聞かないとぉー、あなたどうなるかわかんないよぉー?
グク
グク
は?
女子A
私に逆らったらぁー、あなたをー、こ○すってことぉー
グク
グク
おまえふざけんなよ
女子A
あなた、こ○そうかぁー?
グク
グク
いや、ダメだ
グク
グク
(ごめんさえ。またこんなことになるなんて…)
グク
グク
わかった
女子A
やったぁー。一緒に帰ろぉー?
グク
グク
うん
あなた

ぐくー?一緒に帰ろー!

女子A
私が一緒に帰るのぉー
あなた

え?

グク
グク
(あなた怯えてるし、震えてる)
グク
グク
ごめん
あなた

うん

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

笑顔
笑顔
よろしくお願いします