無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

🥀🚿-after-
今日、学年一のマナブ君が、二軍トップのマサヤを殴るという事件が起こった
そしてその後、マナブ君が本屋や薬局などで盗みをしている現場の写真が
学校中にばらまかれ、学校で大騒ぎになり
マナブ君の母親が学校中に響くほどの大声で悲鳴をあげていた
シンは笑っていた。
シンのことだ。色々と人を使い手を回したに違いない。
でも、、
ナツカ
マナブ君には何もされてない!
シン
シン
まだそんなこと言ってんの?
ナツカ
でも、、
シン
シン
俺らはこの汚れた教室を綺麗にしているだけ
、、。
そう、この教室は汚れている。そうか、
私が綺麗にしてやるんだ。
そう。綺麗に。
ナツカ
ねぇーシン?
ナツカ
私にできること、、ない?
シンがニヤリと笑った。