無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

🌷
、、何もない。
恐る恐るゆっくりと目を開ける。
ソウ
ソウ
ぷっ。
ソウ
ソウ
キスすると思った?
耳元で呟く。
ナツカ
ちょ、
ソウ
ソウ
しちゃう?キス。
ナツカ
し、しない!
何この人。
ソウ
ソウ
あ、俺の名前はソウ。
ソウと名乗る人物はヘッドホンを首にかけており、
顔は多分このクラスの誰よりも、
あのトップだと言うシュウ?とか言うやつよりもかっこいいと思う。
ソウの手が私の髪に伸びる。
オレンジのヘアピンを触り
ソウ
ソウ
転校初日からナナカに喧嘩売ったのに二軍で済んだんだ
「ナナカ」とその声で呼び捨てで呼ばれるナナカが羨ましいと思った。
ソウ
ソウ
んー?
ソウ
ソウ
ナ、、?、ナ?、ナツカ?
ナツカ
ひゃ、はい!
ソウ
ソウ
ふふ。面白いね、ナツカ。
ソウ
ソウ
付き合っちゃう?w
ナツカ
え、
ソウ
ソウ
俺と付き合う?
ナツカ
いや、な、何言ってるんですか
ソウ
ソウ
ははは。
顔あかーい。
かわい。
ナツカ
さ、さよなら。
ソウ
ソウ
あ、まって。
手を引かれたと思うと、
ちゅっ
、、、、。
ナツカ
、、、、!な、な。。。
ぎゃあああああああ
ソウ
ソウ
ほっぺにキスしただけじゃーん。
じゃーね?ナ・ツ・カ
なんなんだあああああ!
それからというもの。
なぜか、放課後には必ずソウと2人で話すのが日課になっていた。
ミナミ
ミナミ
ねぇ?最近ソウといい感じらしいじゃーんっ
ナツカ
え?
アカリ
アカリ
毎日放課後2人で話しているらしいですね
ウララ
ウララ
大丈夫なのぉぉ?
ナツカ
え、なにg、、
ノノカ
ノノカ
ふーん
二軍ごときが一軍男子に手を出すとわなぁ!
ミナミ
ミナミ
あ、、
アカリ
アカリ
ごっほん。では。
ウララ
ウララ
いちごみるく飲みたーい
3人は青い顔して去って行った。
ノノカ
ノノカ
ナナカに言ったらどーなるのかなぁ
ノノカ天然だから分かんないけどぉw
ナツカ
別にいいけど。
ノノカ
ノノカ
ま、言わないけどね
ナツカ
え?
ノノカ
ノノカ
だってぇ、今言ったって面白くないじゃーんっ
な、なんだこいつ。
ノノカ
ノノカ
ま、今のうちに楽しんでおけば?
に・ぐ・ん・さ・ん?
あ、もうソウきてるかな、、
走る
ドンっ
ナツカ
いった、、ごめんなs、、
シン
シン
あああ、ごめんね?
大丈夫?怪我してない?
緑のリストバンドに似合わない、優しそうな好青年だった
顔もかなりのイケメン。
シン
シン
ごめんね。えっと、初めて会う人、、かな?
ナツカ
あ、えっと、昨日来た転校生のナツカです。
シン
シン
おー。俺はシン。よろしくな!ナツカ
昨日休んでたからなあ
ソウ
ソウ
ナツカ?
シン
シン
お、ソウ!
ソウ
ソウ
お前さ、俺のもの奪うの好きだよなぁ
シン
シン
、、は?
シン
シン
ナツカは物じゃないし、お前のもんでもねーだろ。
シン
シン
てか、お前。来週のバスケの試合どーすんの?
ソウ
ソウ
出ねーよ。
シン
シン
あっそ。
じゃーね?ナツカ!
ココ
ココ
ひっひっひっ。
たまらん。やっぱりシンが受けかなあ〜
"タップしたらその人の情報が書いてあるお"
⬆︎なにこれ、、
って、そーじゃなくて
紫のヘアピンをつけた女の子、、
三軍、初めて見た。。
ソウ
ソウ
ナーツカ?
ごめんね?教室いこ?
ナツカ
あ、うん!
in教室
ナツカ
シン、、と、仲悪いの??
ソウ
ソウ
ふつー