無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

🥀🚿-after-
シンにいわれた通り朝から晩までメールを送りまくる。
しかし、あの、いかにもサバサバしているアオがこんなのに
影響を受けるのだろうか。
シンも毎日熱心にメールを送っている。
私のためと言っているがその顔が、いつも怖い。
ナツカ
シン、これ仕返しになる、、?
シン
シン
もうちょっと待ってたら面白いものが見れるから
そう言ってまた熱心にメールを送っている
メールを送り始めての習慣ほど経った頃だろうか、
市川先生の授業中に異変が起こった
アオ
アオ
ぎゃああああああああああああ
アオ
アオ
あ、あああ、あ、あああああああああ
いやああああああ
ぐああ、ぎゃああああああ
いやああああああ
アオがいきなり声をあげた。
いや、もう、それは声ではなかった
まるで化け物のように
叫び荒ぶるアオをみて、私は汗が止まらなかった
市川先生
おい!おい!
・
・
・
・
その後、先生はただの胃腸炎だとかと言っていたが
噂で精神科の病院で入院中だと聞いた。
これで、、よかったのだろうか。
シン
シン
ねぇ、ナツカ、、
ナツカ
な、なに?
シン
シン
後悔なんて、、してないよね?
私の嫌いな顔で言う。
ナツカ
もちろん。
シン
シン
じゃーあ、次は誰にしよっか。