前の話
一覧へ
次の話

第4話

はじまります!
42
2018/01/01 00:23
輪さんの説明によると、ここ、人生脚本所は、一度死んだ人が、生まれ変わる時に、次はどんな人生を歩むかをおおまかに決めるところらしい。
輪(りん)
わかったか??
あなた

はい、なんとなく…ならわかりました!

輪(りん)
まあ最初はそんなもんだ。
だが、あなたには、気になることが1つあった。
あなた

あ、そういえばここで働いてる人ってなんなんですか?

輪(りん)
ああ、その説明をしていなかったな。
輪(りん)
ここで働いているやつらは、一度死んで転生するときに、転生ではなくここで働くことを望んだ者たちだ。
輪(りん)
まあ、私もその1人ってとこだ。
あなた

輪さんは、なんでここで働いてるんですか?

輪(りん)
まぁ、転生してもいいことなんてないし、会いたいやつらもいないしな…
私は前世で脚本家をやっていたから、この仕事がちょうどいいって思ったのもあるがな。
そんなとこだ。
あなた

そうなんですね。

あなた

っていうか!私めっちゃ転生望んでるんですけど!なんでここに来てるんですか私!!!

そう。私は前世で学校の帰り道に車に轢かれてしまったのだ。
輪(りん)
ああ、たまにそういうこともあるんだよ。たぶん、今は人手が足りないから駆り出されたんじゃないのか?
あなた

ええええええ!!
なんて勝手な…

輪(りん)
はははっ
まあそういうこともあるさ。
確かここで実績を積めば、転生できるらしいから、まあがんばれ
あなた

他人事みたいに言わないでくださいよぉ。

所員
それでは、各自自分の仕事についてください。
輪さんと話しているうちに、ミーティングは終わっていた。
廻(めぐる)
おーい!新人くーん!
ミーティングが終わると、廻さんが声をかけて来た。
あなた

あ、廻さーん!!!

輪(りん)
じゃあ、あとは廻に教えてもらえ。
じゃあな。
あなた

あ、ありがとうございました!

廻(めぐる)
あれ?輪と話してたの?
あなた

廻さんが行っちゃったから、代わりに説明してもらってたんですよ!!!!

廻(めぐる)
そっかそっか。悪いことをしたね。笑笑
廻さんは、言葉とは違い、悪びれた様子もなく、カラカラと笑った。

プリ小説オーディオドラマ