プリ小説

第4話

10月5日
数日後───

10月5日。
瑠璃の誕生日まであと5日の日だった。

和人はまた嫌な夢を見た。
瑠璃が、死ぬ夢。
はっきり鮮明に覚えている。血の感触を。
和人
和人
…ハァ…ハァ……瑠璃……
起き上がり額に手を当てる。
脈拍が早く、鼓動もうるさい。
息をうまく吸えない。

…怖い…怖い…
瑠璃が…死んでしまう…
和人
和人
…ぁ……瑠…璃…
瑠璃
瑠璃
……なに?どうしたの?
いつの間にか部屋のドアが空いていて、
入口に瑠璃が立っていた。
和人
和人
…い、いや…なんでもないよ
瑠璃
瑠璃
そか…あ、私降りてるね
早く準備しなよ?
そういって背を向け行こうとする瑠璃。
何故か、怖くて…離れたくなくて…
気づいた時には、瑠璃の腕を引き、抱き締めていた。
和人
和人
行くな!
瑠璃
瑠璃
…和人?
和人
和人
俺の側から…離れないでくれ…
瑠璃を抱き締める力が強くなる。
瑠璃
瑠璃
…大丈夫…私は和人の側から
離れないから…
瑠璃の肩に顔をうずめていると、頭に暖かい感触。
瑠璃が和人の頭を優しく撫でている。
その感触はとても落ち着いて……
和人
和人
ありがとう、瑠璃…
瑠璃
瑠璃
うん…
落ち着いたあと、
制服に着替え瑠璃と一緒に登校した。
学校には、なにも問題なく到着した。

6限目が終わり、掃除、終礼。
放課後になった。
瑠璃と校門を出て一緒に帰る。

帰り道、悲劇は起こった───────

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🍓イチゴミルク🍓
🍓イチゴミルク🍓
♡。+:*.open.*:+。♡ はじめまして( ❁ᵕᴗᵕ )" イチゴミルクとマカロンが大好きな主です。 ✩好きなもの✩ ・銀魂(銀神、兄神) ・Fate(モードレッド、沖田総司、宮本武蔵) ・BORUTO(サスサク、ボルサラ) サッカーバカ⚽💕 チームはサガン鳥栖が好き♡ 選手は長谷部誠選手が好き♡ ここからは夢思考🦄💭💗 苦手な方は🔙 ✡️坂田銀時×夜刀神瑠璃✡️ ✩カップル名──Gin♡Ruri、ぎんるり、など… ✩記念日────未定 ゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚ 名前が一緒の方がいるかもしれません。 変えて欲しい時はコメントください🙇🙇 ゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る