プリ小説
一覧へ

第1話

中学校の頃の話。
菅原大我
私とその人との出会いは中学校の部活だった。
大我先輩は1歳で私が入学してからすごく親切にしてくれていた。
男子の先輩の中では1番話していた記憶がある...
まぁ私、野球部のマネージャーだったんだけどね
中学校1年の時 部活動体験の日

私は野球部に向かった
監督
菅原!
マネージャー希望の土田だ。わからないことだらけだと思うからお前が指導してやれ
菅原大我
はい!!
大我先輩は監督に帽子を脱ぎながら一礼すると困った表情で私を見つめた
優香(私)
土田優香です!! 野球をやっているひとを支えるためにマネージャーになりたいです!!
よろしくお願いします!!
菅原大我
一応聞くけど、男に囲まれたいとかそーゆー気持ちで来たわけじゃないよね?
大我先輩の表情は笑っていながらも、目は全く笑っていなかった
優香(私)
はい!!そんな半端な気持ちで来ていません!!純粋に野球が好きで、球児を支えたくて...
菅原大我
分かったから。よかったよ適当な気持ちできたわけじゃなさそうで
私は勘違いして欲しくないからもっと話を聞いて欲しかったけど、分かったと言わんばかりにブツ切られた
菅原大我
それじゃあ、今日はあくまで体験だからサラッとマネージャーの仕事を説明するよ
その翌日、私はマネージャーとして野球部に入部した。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

とうふ
とうふ
下手くそですけど、読んでくれたら嬉しいデス( ̄▽ ̄) しかーし!! ものすごく低浮上。 (でも読んでくれたら嬉しいな...) ジンペンよりおーるぺん (意外だよねw) でも、未だにBTSのこと勉強中なので、関係性とか妄想が入りまくりですが、ご了承ください🙇‍♀️ コメントくれたら喜ぶ😊 感想とか( ゚д゚)ホスィ…