無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

再開
ついてきてとは言ったけど、正直恐怖しかない。
初対面で部屋って...絶対怪しい人だよ...

少し歩くと割と新しめの二階建てアパートについた。
優香(私)
ここです、私はこの手前の部屋をつかってるの。
レオ
おぉ~でけぇな!!お金持ちか!?
扉の鍵を開けると、玄関の靴だなにある中学校の野球部でとった集合写真を飾ってある
レオはそれをじっと見つめていた。
レオ
ゆうかマネージャーだったの?
優香(私)
うん。自慢じゃないけど
昔のことを思い出して少し思い出し笑いしてしまった。
ちょうどその時、梓桜から電話がかかってきた
梓桜
もしもし優香?
優香(私)
どした?
梓桜
先輩に聞いたら大我先輩って人生きているって!!
優香(私)
え!?...ホント!?...よかった~
私は玄関で泣き崩れた。
梓桜
で、入院していたんだけど、病院から脱走したんだって
優香(私)
え!?探しにい...
行くと言おうと思った瞬間に携帯をレオに奪われ、電話を切られた
レオ
その先は俺が言うよ
優香(私)
へ?
レオ
俺、病気で中3の時から1回も外に出ていなかったんだけど、今日、
めっちゃ久しぶりに外出たんだよ。
俺を出してくれたのは、優香、お前だよ
優香(私)
中3って...
レオはにっこりして私を見ている。
私には身近に中3から入院していた人がいる。しかも現在脱走中。となると、目の前のレオは?
レオ
久しぶりだね''土田優香''
優香(私)
もしかして...大我先輩?
菅原大我
ああ。
その言葉を聞いた瞬間、私の両目から涙がこぼれた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

とうふ
とうふ
下手くそですけど、読んでくれたら嬉しいデス( ̄▽ ̄) しかーし!! ものすごく低浮上。 (でも読んでくれたら嬉しいな...) ジンペンよりおーるぺん (意外だよねw) でも、未だにBTSのこと勉強中なので、関係性とか妄想が入りまくりですが、ご了承ください🙇‍♀️ コメントくれたら喜ぶ😊 感想とか( ゚д゚)ホスィ…
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る