無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

#1









朝 いつものようにリビングに行くと
.









.









万札が数枚置いてあり
.









.









テレビをつけると お父さんが
.









.









『 っ... そうなんですよ。

娘がもう今9歳で頑張って男1人で育ててます。

可愛いですねぇ~。もう、大好き!笑 はははっ』

.









.








嘘ばっかり。 帰ってくるのは週1回。
.









.









ちょうど今が忙しいとかなんとか。
.









.









まともに話したことなんて母の死から1年。
.









.









一度もない。 私は9歳ながら
.









.









この暮らしに慣れたものの

.









.








そこそこの家事はできる。

.









.








テレビを消して 学校の準備をしていると
.









.









リビングのテーブルの上に

.









.








『 今週は 水曜日と日曜日に帰れます。


木曜日は家に記者がくるので


出掛けていてください。』
.









.









水曜日...。明後日。 うん。なんて言おう。









.

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

愛 羽
愛 羽
移行 しました ! ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ novel/2RbNv9+‬
ミステリーの作品もっと見る
公式作品もっと見る