無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

#3
有岡side









今日は仕事が早く終わって
.









.









車で知念と光くんを迎えに行こうとしてます!
.









.









って思ってたらなんか見覚えある
.









.









小さい女の子。 ...... あれ?みほちゃん!

.









.









車の窓を開けてみほちゃーん!って


.









.









呼ぼうとしたら なんか様子がおかしい。


.









.









どうしたんだろう?って先回りしてみたら

.









.









泣いてた。 それだけじゃなくってさ


.









.









なんかぶつぶつ言っててさ。









『 ぱぱ?みほね、先生に褒められたよ。』







『あとね、ぱぱ?

みほね、算数のテスト100点とったよ』









練習だった。 山田への練習 。









可愛いな。って思ったけど









次の言葉で自分の中の何かが切れた気がした。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

愛 羽
愛 羽
移行 しました ! ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ novel/2RbNv9+‬
ミステリーの作品もっと見る
公式作品もっと見る