無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

#4


学校が終わって帰り道。









お父さんが、帰ってくる明後日。









お父さんにまず、









『 ぱぱ!って呼んでもいいですか?』









って聞くの。その次にね、









『 みんなみたいに敬語じゃなくてもいーい?』









って聞くの。そしたら









「いいよ?みほおいで。」









ってぎゅって抱きしめてほしいな。









「 ぱぱ、みほ ね、算数のテスト100点だったよ!」









「ぱぱ!みほね、先生に褒められたよ!」









そしたら今日あったことを練習した









笑顔でパパに話せたらいいな。









「 ちゃんと .. いい子に待ってたんだよ。」









「 だから、 ぎゅってして いい子だね。って

褒めて欲しいの。」









そしたらぱぱは なんて言うの?









山 『みほ 偉かったね~ 大好きだよ。』









って頭ポンポンってよく他の子に









テレビの中でするみたいに









みほにもしてくれる?









「 ねぇ、ぱぱはみほのことほんとに好き?」









「 ぱぱ、みほのこと愛してください。」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

愛 羽
愛 羽
移行 しました ! ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ novel/2RbNv9+‬
ミステリーの作品もっと見る
公式作品もっと見る