無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

#6
貴方side









気づいたら涙が流れてた。









もう周りの目なんて気にならなくって









わーわー泣いた。大声で。









そしたら ぱって目の前が真っ暗になって









次に明るくなった時は目の前に









大ちゃんがいた 。









「 え、 大ちゃん ! どうしてどうして?」









食いつくように大ちゃんに問いかけたら









優しい顔でにこって笑って









有 「 辛かったね。 遊びに行くか!」









ってぎゅってしてからそう言った。









嬉しくて。でも悲しくて。









また気づいたら涙が流れてた。









これは嬉し涙なのか 。









それとも 感動の涙なのか。









分からないけど 今度は









練習した笑顔じゃなくって









ちゃんと自分の笑顔で笑って









「 うん ! 大ちゃん大好き!」









って返事した 。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

愛 羽
愛 羽
移行 しました ! ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ novel/2RbNv9+‬
ミステリーの作品もっと見る
公式作品もっと見る