無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

#8

貴方side









久しぶりに遊べる!









大 「 どこ行きたい? 」









「 んー 遊園地!」









そしたら3人とも困った顔して









光 「 今からはもう無理かなぁ ..」









知 「 今度の日曜日!行こうか!」









お父さんは ジェットコースター









乗れないし お化け屋敷も入れない









唯一乗れるのがメリーゴーランド。









だから行っても楽しくない。









というか 行ったことない。









お父さんは いただきハイジャンプの









番組で 『 おかあ~さ~ん!』









って泣きながら言ってるけど









行きたいなぁ。っていっつも思う。









「 今週の木曜日がいい!

木曜日ね、みほの誕生日なの!」









また3人は困った顔して









顔を見合わせてる。









光 「 木曜日は学校でしょ? 」









大 「 それに、誕生日は山田と一緒にするの」









大ちゃんがそういった瞬間









ちょっとだけ寂しくなって









でも3人に迷惑かけたり心配かけたら









だめでしょ?だから









また練習した笑顔で笑う。









でも知念くんと光くんが









『 おい有岡!』 『ちょっと大ちゃん!』









って小声で大ちゃんを怒る。









大ちゃんはやべ!って顔して









みんな困ってたから









「 あのね、お父さんが置き手紙に

〝 木曜日は家に取材がくるから出掛けててく

ださい。〟 って書いてたからお家にいたらだ

めな日なの。それにね、開校記念日だからお

休みなの!だから遊園地いこ!ね?」









ってまた練習した笑顔で笑ってみたけど









今にも涙が溢れそうで。だから









ちょっとおトイレ。









って言ってコンビニで降ろしてもらった。









結果今日はみんなで









でっかい公園に行くことにした。









水曜日まであと2日__

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

愛 羽
愛 羽
移行 しました ! ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ novel/2RbNv9+‬
ミステリーの作品もっと見る
公式作品もっと見る