無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

#10
今日は火曜日。









明日はお父さんがお休みの日。









まず起きて1番に確認したのは









昨日一生懸命頑張って作った









玉子焼きとお味噌汁に白米。









綺麗に食べてくれた。









嬉しくて嬉しくて。









歯磨きをして制服を着る。









よし出るぞ。って思ったら









汚れに気づいて









すぐティッシュでふいて









ゴミ箱に捨てる。









でもその時私の視界に入ったのは









昨日一生懸命作った









玉子焼きとお味噌汁に白米だった。









迷惑だったんだ。









あんなに嬉しがってた自分がばかみたい。









あー恥ずかしい。









「 ふふ、 あはは ばっかみたい」









頬に水が流れてきて









もうどうでもよくなって









その日は学校に行かなかった。









全く食欲もなくて









もう何もしたくなくて









暗闇で布団にかぶって









その日は終わった

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

愛 羽
愛 羽
移行 しました ! ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ novel/2RbNv9+‬
ミステリーの作品もっと見る
公式作品もっと見る