無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

#13
「 悲しい 狂おしい 壊れるほどに ~♪」









Hey! Say! JUMPの歌の中で









いっちばん好きな歌。









口ずさみながら チャーハンを作る。









ままに習った 最初で最後の料理。









今度はままの味だから。









って理由をつけてお父さんの分もつくる。









今日はオフの日だし。もう帰ってくるよね?









チリリリリン チリリリリン









家の電話が鳴った。









「 も .. しもし?」



山 「 もしもし? 今日食べて帰るから

また寝てm『 ねぇ~ 涼介~?早く~』

まって、シー あ、寝てて。 じゃ」









誰 .. ?









ねぇ お父さん









今の女の人誰 ?









.. ん? なんかまだ喋ってる









お父さん。 切るの忘れてる。









(
『 ~ . ~ ねぇ~ りょうすけぇ

はやくはやくぅ~ ねぇ キスして ?』


山 「 え~ ?しょうがないなぁ 。

愛してるよ . 」
)









「 いやだっ!」









ガチャン









なんで お父さん。









お母さんは?









ねぇ ..









「 ねぇってば!!

お父さっん .. ねぇっ ばかぁ 」









わんわん泣いた。









もう壊れるくらい









落ち着いたら









自分の分だけご飯を済ませ









残ったのはゴミ箱へ









今日が終われば









明日は遊園地 。









きっと楽しい誕生日になるよね。









ねぇ ? 神様 。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

愛 羽
愛 羽
移行 しました ! ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ novel/2RbNv9+‬
ミステリーの作品もっと見る
公式作品もっと見る