無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

#14
光side









木曜日。 PM 8:30 車の中での話






みほちゃんを3人で迎えに行く。









「 なぁ、みほちゃんのことなんだけどさ 」








知 「 笑顔 。、」








大 「 なに ? 笑顔?かわいi 「 鳥肌経つほど完璧な

作り笑顔。」 え ? 」









光 「 きっともうちょいで 壊れるかなぁ。 」






大 「 ん? まってついていけてない」




知 「 時間の問題だね。

はぁ、山ちゃんなにやってんのさ。」





大 「 まって 、 おいていかないで」









大ちゃんが話についてこれてないのは









いつものことだから置いておくけど、









知念の言う通り 。









みほちゃんの笑顔。









気持ち悪いほど完璧だった 。









本当は辛いはずなのに









本当は泣きないはずなのに









本当は ..









山田に言いたいこと沢山あるはずなのに。









みほちゃんが壊れるのも









時間の問題かな。









俺達に何が出来るんだろう。









「 あのさ 、 俺昨日見ちゃったんだけどね?」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

愛 羽
愛 羽
移行 しました ! ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ novel/2RbNv9+‬
ミステリーの作品もっと見る
公式作品もっと見る