無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第35話

#33
.









ぼそっと呟いたあと









周りが真っ暗になって









目の前にこんどは4人の人影。



















お父さん









まま









そしてさっきの赤ちゃん?









私の家が映し出され、









ソファの上に









赤ちゃんとままとお父さん。









私は少し離れたおもちゃ箱のある所で









一人寂しく遊んでいる









お父さんもままも









その赤ちゃんを可愛がって









私の存在なんてないかのよう


















誰?









その子は誰?



ねぇその子は愛されてるの?



その子はひとりじゃないの?



その子は可愛いの?



その子は好きなの?



その子は大切なの?



その子は何番目に愛してるの?









母 「 みほ

みほが死にたい。そう思った1日はね

望んでないのに死んじゃった人の

すごく生きたかった1日なのよ。」









どこからかそんな声がしたあと









私は下へ下へと落ちていった

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

愛 羽
愛 羽
移行 しました ! ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ novel/2RbNv9+‬
ミステリーの作品もっと見る
公式作品もっと見る