無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第32話

#30
.









信じるからいけないの?









私が簡単にみんなを信じちゃうから?









少し優しくされただけで信じるから?









だからだめなの?









信じるから









信じて期待するから









信じて期待して待ってるから









だからだめなの?









そうだよね。









すべて自分のせい。









自業自得ってやつだ。









だってきっと 信じなかったら









信じて期待しなかったら









信じて .. 期待して .. 待ってなかったら









こんな気持ちなかった。









信じて待ってるから。 期待するから









こうやって簡単に裏切られる。









ねぇ、そうでしょ?









今私はね すごく居心地がいい所にいるよ。









心が軽くなって









私はお花に包まれている。









そこにはね、お花がずっと置くまで続いていて









他は何もない。









いや、遠くに大きな木がある。









その下で楽しそうに話している3人









急に重くなった足を









1歩









また1歩と進ませる









あなた達は









一体誰なの____

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

愛 羽
愛 羽
移行 しました ! ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ novel/2RbNv9+‬
ミステリーの作品もっと見る
公式作品もっと見る