無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第28話

#26
.













山 「あの まず .. 〝 チリリリリンチリリリリン〟」









丁度良くなったお父さんの電話。









山「 .. ~ あ- 、 はい。

そのことについては .. いやいやそうじゃなくて

え? いや今から ? いや、今は ..

え!? あの人いんの!? 行くいく!

ちょ、捕獲しといて。ちょっとタイプ 笑笑」









なんて聞こえてきたお父さんの声。









行くのか。はぁ









山 「 あのさ、みほ.. 」









「 いいよ。 行って。 早く 」









この涙が流れる前に行って。









なんか最近涙もろいなぁ。









ガチャ









お父さんが出ていった。









そのとたん 私の頬に涙が流れた。









___________________









いじめはどんどんエスカートしていった。









私はどんどん涙もろくなっていった。









すぐ泣いちゃう。









どんどんストレスが溜まって









リスカもするようになった。









それでもいじめは収まらなくて









どんどん辛くなっていった。









あの夜から 3日。









..

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

愛 羽
愛 羽
移行 しました ! ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ novel/2RbNv9+‬
ミステリーの作品もっと見る
公式作品もっと見る