無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第33話

#31
.









お父さん 。









お母さん。









そして私。









あの日の光景だった。









ピクニックの日。









でもなんで?









そうか。ここは天国なんだ。









だからこうして幻覚が見えている。



















すごく楽しそうに笑ってる。









お父さん。









すごく優しい顔で笑って








すごく優しい目でわたしをみてる。









お父さんのこんな顔見たことなかった。









まま。









楽しそうに遊ぶ私を









どこか悲しそうな顔で見つめている









どうしてそんな悲しい顔しているの?









そう問いかけても返ってくるはずない









そうわかっているのに。









? 「 みほ。 許してあげて。あの人のこと」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

愛 羽
愛 羽
移行 しました ! ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ novel/2RbNv9+‬
ミステリーの作品もっと見る
公式作品もっと見る