無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

- 名 前 -
優希
陽おはよー


やっぱり名前で呼びあってるんだ









いいな…


待てよ陽!
浦瀬 陽
おはよ拓、遅かったな
はぁ…マジ走ったわ、

お!羽菜おはよっす

もやもやしながらぼーっとしていると


走ってきた拓に声をかけられ我に返る
藤宮 羽菜
あ、おはよっす
そうだ陽、急いで教室行こう!課題教えてくれ!
そう言うと拓は陽の背中を押して教室へ向かって

早歩きで行ってしまった。
優希
私たちも早く行こっ
藤宮 羽菜
う、うん


そう言って二人はまた歩き出した

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

パステル・パピ子
パステル・パピ子
ご覧頂き感謝です。 かなりマイペース更新です。
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る