プリ小説
一覧へ

第29話

- 明 日 -
藤宮 羽菜
ごちそうさまでした
夕食の支度を終えて、食べ終わったので食器を洗い

お風呂へ入り、自分の部屋へ戻った
藤宮 羽菜
あ、そうだ
スマホが先ほどなったことを思い出し鞄から取り出した


--------------------------------------------------------
浦瀬 陽
こんばんわ
突然ごめんね明日開いてるかな?

              19:30
---------------------------------------------------------
藤宮 羽菜
えっ、浦瀬君!?
スマホを開き、talkを見ると陽からメッセージが来ていた。

慌ててカレンダーを確認したら幸い何も予定が何も入っ

て居なかった
---------------------------------------------------------
藤宮 羽菜
遅くなってごめんなさい
明日大丈夫です

            21:02
---------------------------------------------------------
藤宮 羽菜
遅くなっちゃったしもう寝てるかな...
---------------------------------------------------------
浦瀬 陽
全然大丈夫だよ
良かったら明日一緒にご飯行きませんか

                21:03
---------------------------------------------------------

藤宮 羽菜
返信早っ
ってかどうしよう、二人でってことかな
やばいどうしよう
羽菜はドキドキから同じ言葉を声に出してずっと

言いながら「はい」と返信をした後、陽から

「では明日11時に△△駅でいいかな」と来たので

「大丈夫です」と答えた

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

パステル・パピ子
パステル・パピ子
ご覧頂き感謝です。 かなりマイペース更新です。