無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

- 注 文 -
うわ、生クリームすげーな

全員が席に座った後、優希と羽菜は苺パフェを、拓

はシフォンケーキ、陽はアイスコーヒーを頼み、5分ほど経って

まず最初に拓のケーキと陽のコーヒーが届いた
優希
本当だ、かなりの量ね
藤宮 羽菜
優希笑い過ぎ…

想像以上のクリームの量に困った拓の顔を見て優希は

店内に響き渡るくらいの声で笑って言ったので、

羽菜は恥ずかしくなり顔を赤くして優希に小声で

注意した
店員
お待たせしました、苺のパフェです

店員はお盆の上に乗せて持ってきたパフェを一つず

つ机の上に置いて戻っていった
優希
んんんまそっ
藤宮 羽菜
すごいね
そっちもやべーな
ってか、ホットウーロンとかないかな口が死にそう
優希
居酒屋じゃないんだから
そういって優希はまた大きな声で笑い出した
浦瀬 陽
優希、笑いすぎだ…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

パステル・パピ子
パステル・パピ子
ご覧頂き感謝です。 かなりマイペース更新です。
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る