プリ小説

第6話

妖怪になった花子さん
剛先生
はっ、花子さん!!!!
どうして!?
花子さん(犬耳尻尾付)
何か生きてました…
神様みたいな人に
何か言われて妖怪になったみたいです
剛先生
妖怪ですか
今の情況ならあり得ますね…
花子さん(犬耳尻尾付)
みっ、みんなは無事ですか!?
剛先生
はい!
皆の所に行きましょうか!
きっと喜びますよ!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

厚木 塩花
厚木 塩花
ニガティー大好きな人 pixiv、Twitterでも活動中 @Sakurabana_naco