プリ小説

第5話

手紙
玲依
玲依
…………?
目を開けると、ベッドの上だった。
まだ辺りは薄暗い。
携帯で日付を確認すると2092年5月15日となっていた。
2092-戻って、これた。
あの後どうなったのだろう。
玲依
玲依
…………瑠夏……瑠夏っ
がばっと起きると、ベッドの木枠になにか見覚えのないものがあることに気付く。
なんだろうと思い手に取るとそれは1枚の紙だった。
玲依
玲依
………瑠夏から?
-玲依へ。


あの時は楽しかったね。
新しく出来たショッピングモールで大はしゃぎして。
ゲームセンターでたくさんの景品を取って。
バイキングで周りのお客さんが少し引くぐらいの量を2人で食べて。
雑貨店でお揃いのキーホルダーを買って。
玲依はそれを全部スマホで撮影してくれてたんだよね。
ありがとう。
あたしはあの時の言葉を忘れないで、諦めずに生きた。
玲依はあたしを何度も支えてくれた。
負けそうになったあたしを何度も、何度も…。
結果、病気には勝てなかったけれど、あたしの人生は短いながらも最高に楽しかった。
それは、全部玲依のおかげ。
玲依が友達で良かった。
幼稚園の頃から友達になってくれた玲依と居られた。
あたしは幸せ者だね。ありがとう。
あたしもまた、玲依に会いたい。
玲依とまた遊びたい。友達になりたい。
だから、また今度会える日を楽しみにしておくよ。
見慣れた瑠夏の字で。
とても、几帳面な字で。
その内容は綴られていた。
玲依
玲依
………また今度、か
今度は、泣かなかった。
泣き顔なんて、瑠夏に見せられないからと強がった。
あたしもまた、瑠夏と友達になりたい。
瑠夏と会いたい。たくさん話したい。
早朝、窓を開け瑠夏に届くようにと願いながら言う。
玲依
玲依
瑠夏、あたしもまた今度会える日を……凄く、凄く楽しみにしてる!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

冬聖
冬聖
これからかなり低浮上気味になるかと思われます、筆の遅いファンタジー系小説ばっか書くノゲノラ、東方、ボカロ大好きな人です。 プリ画像でも同じ名前でそこら辺に居るのですが、最近は全く浮上しておりません。←