無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
9
2018/07/13

第7話

遊園地 II
遥斗
遥斗
花梨ちゃん久しぶり。
お化け屋敷と観覧車行こっ!
花梨
花梨
あ、はい!
お久しぶりです。
ちょっと、お化け屋敷は………。
遥斗
遥斗
え、苦手なの?!
でも、大丈夫俺がいるから
ッ… キャッ!


ドサッッッ
花梨
花梨
あワワッ!?
ごめんなさい!!
軽く抱きついてしまった花梨
遥斗
遥斗
いいよいいよ!

(え、可愛い。めっちゃいい匂いするし)
お化け屋敷が苦手な花梨
恐怖を感じなかった。

でも……。
観覧車にのった

…もうすぐでてっぺんだなぁーーと


考えていた時!?!?!


ガタンッッッ!
花梨
花梨
エッ!?
遥斗
遥斗
嘘だろ…
なんと、止まってしまった
花梨はほんのり震えていた
遥斗
遥斗
怖いよね…
っと言ってかるく抱きしめてくれた。

とても落ち着いて安心する。
動くようになっても離さず
そっと、キスをした…。
遥斗
遥斗
(やべぇ,思わず頬にキスしてしまった…)