無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第58話

いよいよ
シルクside

いよいよだー。

もう準備オッケー。
後は、俺が店員さんに呼ばれればおけ。

さくら
おいしいねー❤︎
シルク
え?う、うん。
さくら
後はデザートだぁ💕 
シルク甘いの好きだよね??
シルク
うん。
さくら
ほんとにありがとね?シルク💕
シルク
うん///喜んでもらえて何よりです💕
レストランの人/ すみません、少しいいですか?
シルク
あ、はい!
ちょっと待っててね、あなた
さくら
う、うん。
よし。こっからー!
緊張する、、、💦

シルク
小声((みんな、お願いしますね!!

パチン!!


お店の電気は全て消えた。

あたりはざわざわしている。

さくら
え??なに??

雰囲気よく、音楽が流れ始める

♪〜♪〜♪〜

さくら
なになに??
フィッシャーズみんな
(ドキドキ)


ダホたちが
デザートを持ってあなたの前へ向かう。

さくら
え??ンダホ?
さくら
え?みんないる??
店内からの手拍子とともにシルクが出てくる
さくら
え??シルク???
シルク
( ˶ˆ꒳ˆ˵ )
音楽が止まる。

店内はしーんとなり、静まる。


あなたはめっちゃ驚いてる笑

とりあえずみんなにこにこしてるわ笑
さくら
ねえ?なになに?ほんとにわかんない。笑
シルク
あなた。
さくら
はい。?
シルク
俺、5年近くお前といて、もうずっと一緒にいたい。
僕と、死ぬまで一緒にいてくれませんか?
さくら
( ´ºωº` )ポカーン
シルク
僕と結婚してください。
さくら
Σ(///□///)
俺は指輪をあなたに差し出す。
あなた名前にしゃがみ込んで、花束とともに。

シルク
あなた?笑
さくら
( ᵒ̴̶̷̥́ ^ ᵒ̴̶̷̣̥̀  )え、まってやばいって!💦
シルク
泣かないでよ笑
笑ってる方が可愛いんだから。
さくら
まって、シルクやだー。笑
シルク
結婚してくれるの?笑
さくら
…はい💕お願いします!(///_///)
フィッシャーズみんな
やったーー!!
シルク
よしっ!
ぱーーーーーーん!!!!!!!

🎉🎉🎉🎉🎉🎉🎉🎉🎉🎉🎉



店内にクラッカーの音、みんなの声が響き渡る。


俺と、あなた以上にンダホたちみんな、
店員さん、他のお客さんが喜んでくれた。

おめでとうって言ってくれた。

あなたも喜んでる。
これからずっといられるのは嬉しい。



レストランの人/ おめでとうございます!これは、私たちからの気持ちです!!


特製のケーキを持ってきてくれた。

さくら
わー💕すごい!ありがとうございます😊
シルク
みなさんが協力してくれたんだ!
さくら
ほんとにありがとうございます!
んだほ
おめでとう!!あなた、シルク!
もとき
おめでとう!
ペケたん
シルクめっちゃ緊張してたんだよ?笑
ダーマ
幸せになー!
マサイ
おめでと!仲良くしろよー笑
ザカオ
おめでとう!
シルク
サンキューな!お前らも!
さくら
ありがとう💕
シルク
じゃ、これからよろしく、あなた。
さくら
うん///
さくら
私、幸せものだなー💕
もとき
なんでー?
さくら
こんな素敵なみんなと出会えて、
シルクと結婚できて💕もう今なら死んでもいい笑
んだほ
いや、いま死んじゃダメだから!笑笑
ペケたん
ほんとだよ!笑
シルク
やめろよ?死ぬまでって言ったけどはやいし笑笑
さくら
そうだね!笑
やっぱ死ねないよ笑
シルク
おう。