無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

入れ違う2人、惑わす2人
入学式から、1週間ほど


んだほ
おはよー!
シルク
よ!あなた!
さくら
おはよう
シルク
(ん?なんか最近元気ないな。)
ペケたん
おはよー!
あなた?おはよ!
さくら
ぺけたんおはよう。
ちょっと話いいかな?、今
ペケたん
うん。じゃあ、あっち行こう?
じゃね、シルクたち
さくら
うん。
シルク
あいつら、、、
(オッケーすんのか?あなた、)
もとき
どしたの?
マサイ
やばい感じー??
ザカオ
やめとけって!今は!笑
ダーマ
んー?
んだほ
あ!ほら!教室行こう!!
シルク
おう、



校舎裏で

ペケたん
あのさ、もしかして、返事?
さくら
うん。そのことなんだけど、、、
ペケたん
待って!
返事は明日にしてほしい。
今日、実は放課後遊びに誘おうと思ってるんだ。
せめて、デートしてほしい。
さくら
うん。わかった。
デート❤️どこ行く?
ペケたん
////やめろって///
俺さ、海行きたい。江ノ島とか
さくら
いいよ?
海いこ
ペケたん
じゃ、放課後!


あなたは教室に戻ってきた

シルク
大丈夫ー?(何してたんだろ。聞いちゃまずいかな)
んだほ
おかえりー!!
(シルク気にしてんなー)
さくら
ただいま!大丈夫だよ!ありがとう!
(言わないほうがいいよね。きっと、)
シルク
(あ、何も言わないんだ)
シルク
あなた
さくら
なに?シルク
シルク
放課後、あいてる?ちょっと話したい。
さくら
あ、ごめん今日はちょっと。
シルク
あ、そっか。じゃいいや
だほ、ちょっといい?
んだほ
あ、うん!まってシルクー
さくら
(どうしたんだろ)