無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

シルクの気持ち
んだほ
どしたの?シルク?
シルク
俺、やばいかも
んだほ
なに?どゆこと?
シルク
もう俺はダメだって言ってんの!
んだほ
何で怒ってんだよ
シルク
わ、悪い。
俺やっぱおかしいわ、授業サボる
((どっかに歩き出す
んだほ
シルク!!
待てって!俺もサボる!!
シルク
はっ!笑
サンキュな。だほ。
んだほ
おう!

屋上にて

シルクの気持ちを打ち明ける、、、

シルク
俺さ、あなたが好きだわ。
んだほ
うん。知ってた
シルク
はは!笑まじか。
でさ、ぺけが告ったって聞いた時、すげえやでさ。
あなたをとられたくないって思ったら、
めっちゃもやもやしてさ。
俺、もうどうしたらいいかわかんなくて。
んだほ
そうだよな。
俺も、正直ぺけは驚いた。
最近、あなたも元気なかったし。
シルク
な、まず、あいつを元気じゃなくさせてるってところが
まず納得いかなくてよ。
俺なら、もっと楽しく、元気にさせてやれんじゃないかとか
思うとしんどくてさ、はっ笑、なさけね。
んだほ
んなことない!
シルクはいいやつだよ。
もっと頑張れよ。あなたは、少なくともシルクが好きって思ってるよ?
シルク
ありがとな。
あいつ、ぺけとのことおっけーしたのかな。
さっきもさ、勝手に俺はあいつの近くにいるって勘違いして、
あいつは俺に結果を教えてくれると思った。
そしたらなにも言わなくてさ、俺にはあいつを幸せにする権利すらないんだなって
思ったらもうあの場にいられなくてさ。
んだほ
そうだよな、、、、
俺も見てらんなかったわ。、、



学校が終わり、シルクの家にて


俺はあなたのなんなんだ。
相談役?友達?

もしかして、あいつは俺のことなんとも思ってないのかな。

話くらい聞かせてくれよ。

お前らはこの先どうなるんだよ。