無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

幸せの崩壊
シルク
ねえ、あなた
デートしようよ。
さくら
いいよ。///
どこ行くー?
シルク
ご飯食べ行こう!!
さくら
うん(´⸝⸝•ω•⸝⸝`)


デートの日

シルク
行こ!
さくら
うん///
この日は雪が降っていた。

さくら
きれいだね。
シルク
うん。初デートに雪っていいね。//
さくら
うん。


シルクとあなたが横断歩道を渡ろうとした時、、

キーーーッ、、

ライトと大きな音がシルクとあなたに、、

シルク
(え?俺、死ぬの?あなたとの初デートで)
さくら
(シ、、シルク、、私たち、、、死んじゃうの、、?)
シルク
(おまえとずっと一緒にいたかった、、、)
さくら
(シルクとせっかくの、、、大好きだよ、シルク)
シルク
(大好きだよ、あなた)


キーーーッ!バン!!ドーーーン

一瞬のうちに2人は乗用車にはねられた。


周りの人が救急車を呼んだ。

シルク
(、、、、いてぇ。俺、ほんとにもうだめなんだ、、、)
さくら
(………)


シルクには少し、ほんの少しの意識がありそうだったが、
あなたには全く意識がなかった。