無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

命-タイセツナトモダチ-
救急隊員「大丈夫ですか??」

全く聞こえている様子はない。
2人は意識のないまま、同じ病院に運ばれた。


病院側はとにかく焦り、命を助けようと最善を尽くした。




2人は一応、一命はとりとめた。



そして、ンダホたちにも連絡が入った。

みんなが、それぞれ病院へ急いで向かった。

んだほ
はぁはあ、、シ、シルクは?あなたは?
もとき
おい!ンダホ!
ペケたん
あいつらは??
ダーマ
おい!大丈夫なんだろーな??!!💢
マサイ
おちつけって!俺らは無事を祈るだけだろ。、、
ザカオ
そうだな、、。
俺らには逆にいえば、祈ることしかできねえんだよな。
んだほ
そんなこというなよ、、
ペケたん
その通りなんだけどな、、泣
マサイ
やめろよ、泣くなよ、、泣
もとき
病室に行こう。


病室

ガラガラッ!!!

んだほ
シルク!あなた!!

2人は怪我は負っているようだが、いつもと変わらなく眠っていた。

それをみたFischer'sのみんなは、、

んだほ
なんで、、泣
なんで、よりによってこいつらなんだよ!!号泣
もとき
ンダホ、、、
((ンダホの肩を叩く
マサイ
本当だよな、、、。
俺が変わってやりたいよ、、泣
ダーマ
頼む、、、。
ペケたん
また、2人の笑顔みたいなぁ、、泣
ザカオ
一緒に笑いたいな、、号泣
んだほ
シルクゥーーー.˚‧º·(ฅдฅ。)‧º·˚.
あなたーーーー、、
戻ってコーーーーーーーーイ!!!!!号泣


んんっ、、、


フィッシャーズみんな
???シ、シルク???
シルク
パチ、、んっ、、?
あれ?俺、、
もとき
シルク??
んだほ
おい!シルク!!大丈夫か????
シルク
あっ、ああ。
い、、いってえ。
もとき
む、無理すんな
ダーマ
よかった。
シルク
あ!あなたは??
まさか、俺だけ?泣
マサイ
、、、。
シルク
なんだよ!マサイ!おまえらも!!
答えろよ!!!
んだほ
一命はとりとめたんだけど、、、。
まだ意識は、、、
フィッシャーズみんな
、、、、、、。
シルク
そっか。頼むよ。助かってくれ、、、。
(あなた。俺は待ってるから。お前を愛してるから。)


シルクはなんとか意識を取り戻した。

そして、、




あなたは、、


んっんっ、、、ん?

さくら
パチ、、。
あれ?ここ、、、
シルク
あなた!
フィッシャーズみんな
おい!あなた!!
大丈夫か??
さくら
あっ、、、泣
シルク、ンダホ、もとき、ぺけたん、マサイ、
ザカオ、ダーマ、、、号泣
ごめんね、迷惑かけて、、泣
んだほ
あなた、、。
ほんとに良かった、、、
シルク
よかったあ、、、、号泣
あなた、愛してるよ。
さくら
わたしもだよ。シルク、、、
もとき
よかった。よかったよ。
ほんとによかった。
マサイ
ほんとに。
んだほ
大声((よかったーーーーーー号泣!!!
.˚‧º·(ฅдฅ。)‧º·˚.˚‧º·(ฅдฅ。)‧º·˚.˚‧º·(ฅдฅ。)‧º·˚.
ザカオ
泣きすぎ笑笑
さくら
ほんとにごめんね、みんな。
シルク
悪かった。
ダーマ
なんにもお前ら悪くねーじゃん。
とにかく助かったんだから。
ザカオ
そうだな。ほんとに。
ペケたん
ほんとに、ほんとに。
2人とも、これからは幸せに過ごせよ。
シルク
ほんとだな。俺、一日一日大切に過ごすわ。
んだほ
そうだな。
さくら
わたしも、、。
みんなに大好きだよって気持ちを伝えられる毎日に。
シルク
それは困る笑笑
フィッシャーズみんな
笑笑
さくら
えへへ///