無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

夢への旅立ち
あなたとシルク以外のFischer'sは
空港に着いた。


さくら
みんな、ありがとう。
2年後また会おうね!
もとき
うん。頑張ってね。
ペケたん
応援してるから。
マサイ
俺らは俺らで頑張るからな?、頑張ってこい!
んだほ
寂しいけど、夢、見つけてね。
ダーマ
頑張れ!寂しくなったら、帰ってきていいんだから。
ザカオ
頑張れ。あなたはあなたのやり方でな。
さくら
みんなありがとう。
大好きだよー!


その頃、シルクは、、、


様子がおかしい事に気付き、ンダホの家に行った。
すると、小さなメモに気づいた。




シルクへ
あなたがシルクに内緒でアメリカに行くと言ってるから
俺らは空港に行くよ。
シルクがどうするかは任せるけど、俺はシルクのやる事は1つだと思うよ。

ンダホより


シルク
嘘だろ。あなた。
シルク
俺は、絶対あいつを離さない!!!
(ンダホ、サンキュな。)
((空港へ向かう


そして、ついに出発の時間

さくら
じゃあわたし行くね。
もう飛行機の時間だから。
んだほ
え、もう行くの?
(シルクは間に合わなかったか。)
さくら
うん。
ペケたん
そっか。じゃあね。
さくら
みんなから行って?
わたしはみんなが見えなくなってから行くね。
マサイ
わかった。行こう。
もとき
バイバイ。あなた、
さくら
うん!ばいばーい!
フィッシャーズみんな
がんばれ!
((歩いてあなたから離れる
さくら
(ああー。本当にお別れなんだ。)
シルク
間に合え!間に合え!あなた!待って!
((急いで走る
んだほ
おい!シルク!
あなたもう出ちゃうぞ!!急げ!!!
シルク
ンダホ!サンキュ!
俺、送ってくる!!
飛行機に乗るためにゲートを出て外に出ようとした
その時、、、


さくら
もう行かないと。
シルク
あなた!
さくら
え?、、シルク、、?
シルク
間に合った、、、はぁはぁ、、。
お前、、水くさい、、、じゃん、、、はぁ。
俺ら恋人じゃん、、、
さくら
シルク、、ごめんね、、。
さくら
でも、最後に会えてよかった。
シルク
ああ。俺も。
俺さ、お前を2年間待つから。
さくら
え?( ᵒ̴̶̷̥́ ^ ᵒ̴̶̷̣̥̀  )
シルク
2年ってなげーけど、おまえと、
お前が帰ってきたのに彼氏じゃないとかかんがえらんねえ。
さくら
ありがと、シルク。
わたしも本当はずっと一緒にいたかった。
離れたくないし、別れたくないの。
シルク
だから、お前も自信持って2年間頑張って。
待ってっから。俺は。
さくら
ありがとう、ありがとう(´⸝⸝•ω•⸝⸝`)
シルク
実はさ、あなたは、俺がいなくても平気だって言ってるみたいに聞こえてさ、
それが自分でも驚くぐらいショックで。
さくら
わたしも、返事がこなくて、
シルクは応援すら、わたしのこと嫌いになったって思った。
シルク
ごめんな。
ほら、行ってこい。やっと笑顔で送ってやれるよ笑
さくら
うん。私も。
やっと大好きな人に見送ってもらえる!
さくら
行ってきます。😁
シルク
行ってらっしゃい!
俺待ってるからな!!
さくら
待っててねー!!