無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第41話

引っ越し-2人の生活-
今日はシルクと、引っ越しの準備。


新たに必要なものを買いに行ったり、
いらないものを捨てたり、2人で一緒に過ごした。


さくら
ねー、シルクー!
シルク
なにー?
さくら
みんなにも手伝ってもらおーよ。
シルク
だーめ!
さくら
なんでよ。大変だもん
シルク
久しぶりに2人になれたんだもん!
さくら
///
シルク
なんか、新しく雑貨とか買いいく?
さくら
うん!行きたい!!
お揃い買おう?!((上目遣い
シルク
うんいいよ///



そして2人は雑貨屋に出かけた。


さくら
マグカップ買おうよー
シルク
どれにする?
さくら
これ!

ディズニーの2つ合わせると絵が揃うマグカップ。

絶対離れないよって意味を込めてこれを選んだ。

シルク
いいね!じゃあ、これにしよ。
さくら
家具とか新しいのにしよ!
シルク
うん。
ライトは俺の新しいよー!めっちゃ明るい笑笑
さくら
わたしはー、ミニテーブルがお気に入りだから、テーブルは
いいかな。
シルク
あー。あなたのおしゃれだよね。
さくら
あとはー。
シルク
料理セットは?
さくら
あ、そうだね!新しいのにしよ!
シルク
ソファ、新しいの欲しくない?
さくら
あ!ほしいね!
やっぱ、ゆーちゅーばーには必要ですな笑笑
シルク
そっすね。笑笑
さくら
シルクの家ってなん部屋あるの?
1人の部屋ってあり??
シルク
3あるからありです。笑
さくら
よきですね。
シルク
はい笑
シルク
かえりますか?
さくら
はい笑
さくら
一回家戻っていろいろ持ってくる!
シルク
りょー

それから家に戻り、大きいカバンに
とりあえず、衣類と小物、今日買ったものを
持ってシルクの家に行った。

たくさんの荷物になった。




シルクの家に着き、ドアを開けることが出来なかったから
玄関の前にカバンなどを置いた。



さくら
シルクー!入るよー?
シルク
おっけー。


そこでたまたまシルクの家に遊びに
ンダホ、モトキ、ぺけたんがきた。


んだほ
あれ?シルク何置いてんだろ。
もとき
どっかいくの?
ペケたん
やっほー。シルクー

ガチャ。

さくら
あれー?ンダホたちー?
荷物を抱えている。

ペケたん
え?あなた?
引っ越すの?
んだほ
え??
さくら
うん!
もとき
まじか。なんで、?
んだほ
言ってくれれば手伝うのにィー
さくら
ありがと!
シルク
んぁー?
ダホたちきたの?
んだほ
おい!シルクお前引っ越すんかい!
シルク
え?いや引っ越さないけど。
もとき
え?あなたは引っ越すって。??
シルク
ああ。つまり、あなたが俺の家に引っ越してくんの。
ペケたん
え?シルクはどうすんの?
さくら
笑笑
シルク
まだわかんないのかよ。笑
一緒に住むの。笑
んだほ
あーーー!
もとき
なるほどねーーー。
ペケたん
あっ!だからね!笑
さくら
いいから、手伝ってよ笑
もとき
ああ!おっけおっけ!
荷物これだけ?
さくら
んん!
家にあるの。んだほー一緒にとりいくのてつだってー
んだほ
おっけー