無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第51話

松本side
やってしまった。


まだあってから少ししか経ってないのに。



あなた先生は俺の一目惚れだった。



初めて教室に入ってきた時、

どタイプだった。




キラキラしてみえた。


先生は二十歳だって。

俺は、15。


5歳差なんて気にならないのは僕だけですか?





思わずそんなことを思ってたら先生に無理やりキスをしてた。


先生は泣きながら外へ出て行った。


ごめんなさいと思いながら僕は帰ろうとした。



そしたら、思いがけず

多分、先生と一緒に先生の彼氏がいた。


2人は抱き合っていた。


やっぱり自分じゃだめだ。


5歳差なんてとか。

だめなもんはだめなんだ。


それにしても、
先生と先生の彼氏はお似合いだった。


それをみたら、なんだか辛くなって
僕は裏門から帰った。