無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第34話

33☆
そんなこんなで1週間がたち、


もう日曜日だ。



早いな…



そして午前は神威だから


駅前に10時集合なんだけど…




モブ女)きゃー!見てみて!あの人めちゃくちゃかっこいい!




モブ女2)ほんとだぁあああ!
爽やかイケメンって感じ♡





キャーキャーと誰かに女の子達が群がっている。




だれだろう。きになるからみてみよーっと。





あなた)……え。





そこには




神威)あ!あなた!待ってたヨ!




女の子に囲まれていたのは



いつもとはまったく違う神威だった。




あなた)え、あ、神威…なんかかわったね!




神威)そう?確かに俺もこんな服初めて着るんだよなー。

阿伏兎に何着ていったらいいか聞いたら


これがいいっていうんだヨ。






あなた)そうなんだ、さすが阿伏兎チョイス!





今の神威の格好はジーパンの足元が曲げてあって、柄がかわってて、


Tシャツは白のロゴ入りで、


首元の所にサングラスをかけている。




初めてみるな、、こんな神威。





あなた)そっちのほうが似合ってるよ!



神威)え、ほんと?///




あなた)うん!




そして神威と一緒に行くのは



『映画館』だった。





シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

晴来
晴来
晴来「せら」です!よろしくお願いします!こんな、私ですが、読んでいただけると 幸いです!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る