プリ小説

第8話

7☆
まず、明日の授業は数学がなくなり国語になったらしい。



最高だ。



そして晋助からのLINEは


今どこにいるんだ?というのは晋助達も学校をサボっていたらしい。




総悟は相変わらずだった…


買ってくるわけねぇだろこのドS野郎!


とだけ返信した。




神楽は土曜日に遊びに行こうとのこと。


予定はとくに無かったので


いいよ!と返信した。



神威も明日学校に行くらしい。





そして私はご飯を食べた




ちなみに私の両親は海外で働いていて、




あまり日本に帰ってこないのだ。





自由だ~!と遊びほおけていると



不良になった←おい。




~♪~♪





あ、電話だ!



だれからかな



_______________________

着信中:沖田総悟
_______________________



総悟か。




あなた)はい、もしもし




総悟「あなたですかィ?暇なんで電話しやした。」




あなた)そうですか。



総悟「明日学校来いよ」



あなた)総悟が来いって言ったから行くよ



総悟「はは、そうかィ。さすが俺の犬だな」




あなた)犬じゃねぇ!このドS野郎!



総悟「おう、俺はサディスティック星の王子でさァ」




あなた)はいはいwじゃあおやすみ~



総悟「おやすみ。」




__________





電話が終わり、風呂に入って




そのまま眠りについた。






シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

晴来
晴来
晴来「せら」です!よろしくお願いします!こんな、私ですが、読んでいただけると 幸いです!