プリ小説

第13話

12☆
総悟)、、!!泣いてんじゃねぇよ、ほら


ほら。と総悟は私の涙を自分の制服の袖で


不器用に拭いてくれた。




総悟)これからは不良やめて毎日学校にきたらどうでィ。俺も一緒にいきまさァ。







あなた)うん。そうしてみる、、!




今まで不良少女だったけど、、




変われるかな。




総悟)お前なら大丈夫でィ。




あなた)ふふっ、ありがとう))ニコッ





総悟)…!おめぇも女みてぇに笑えるんだな、、///




あなた)な!?当たり前でしょ!!






こいつ、私をなんだと思ってやがる。




あなた)明日、学校行くよ。数学あるけど。





総悟)俺は屋上でサボりまさァ





あなた)え!私もがんばるのに!!





総悟)ぷっ、嘘でィ。おめぇががんばるから
俺もサボらねぇ。





あなたっ、、//ドキ




いやいやいや!なにドキっとしてんの!?




意味わかんない自分!!





総悟)じゃあ、明日。



あなた)うん!





あ、不良やめたって神威にいわなきゃな。




絶交っていわれるかな?



シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

晴来
晴来
晴来「せら」です!よろしくお願いします!こんな、私ですが、読んでいただけると 幸いです!