プリ小説

第26話

25☆
そして今日は…待ちに待った日曜日!!


小説は便利だね!←おい。



もうすぐ夕方の6時になるから、



私はいち早く待ち合わせ場所に行った。



私は今日、浴衣を来て、髪はお妙にアレンジしてもらったんだ~♪




総悟)あなた!待ちやしたかィ?



あなた)あ!総悟!!
全然待ってないよ!じゃあ、行こうか



総悟)お、おう///そ、その…
浴衣、可愛いでさァ。似合ってる。




あなた)っ…!ありがとう




この言葉を言われるために、頑張って
浴衣選んだんだよね!




そして私達は花火まで時間があるから


たこ焼きを食べたり、


射的をしたりして楽しんだ




総悟)あなた、あの中でどれがいい
ですかィ?この沖田サーティーンが
とってやりまさァ。



沖田サーティーンってwww




あなた)本当に?じゃあ、あの熊のぬいぐるみがいい




総悟)まかせとけィ。




そして総悟は射的の玉を入れ、


熊めがけて放った



バタッ



店)おめでとうございます~!



総悟)ほら、とってやったぜィ?



あなた)ええ!すっげ!ありがとう~!




総悟)お前が喜んでるならそれでいいでさァ
お、もうすぐ始まるみてぇだな。



行くぞ!と私の手を握り、走る。



その後ろ姿もかっこよくて、、



あなた)大好き




ドーン!!!!!



総悟)?なんかいいやした?





花火の音で聞こえなかったみたい。



シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

晴来
晴来
晴来「せら」です!よろしくお願いします!こんな、私ですが、読んでいただけると 幸いです!