無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

21☆
神楽)あなた!サドとプリは
どうだったアルか?))ニヤニヤ




あなた)た、っ、、楽しかったよ~?//




急に声をかけられ、テンパってしまった。



神楽)!!あなた、顔が赤いアル!!
どうしたアルか?もしかして、、熱が…



あなた)大丈夫だよ!!気のせいだよ!
さ、プリ撮ろう!




神楽)大丈夫ならよかったネ!




そして私たちはプリを撮って



ショッピングモールをあとにした。



神楽)サドと撮ったプリ見てみたいアル~!



あなた)ええ!で、でも…



お願いっ!といわんばかりの眼力に負け、


総悟と撮ったプリクラを見せた



神楽)こ、、これ、、カップルのプリアル!!キャーキャー!!♡♡




あなた)ちょ、ちょっと!声が大きいってば///




神楽)サドの気持ち、気づいたアルか?




あなた)え…?気持ち??





もしかして、、


『好きでもない奴にキスしない』



あれは、どういう意味なのかな…



神楽)あなた、サドのこと好きなんだナ。
見てたらわかるアルヨ?


だってあなたは話す時いつもサドの話してるアル!




サドに声かけられた時のあなたの顔、
真っ赤になるアル。




サドと撮ったプリクラのあなたの顔、
心から笑ってるアル!





あなた)っ…!?





今まで考えたことのなかった自分の気持ちを


ストレートにいわれると、自覚してしまう。




私は総悟が…







あなた)好き、、なんだ。





シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

晴来
晴来
晴来「せら」です!よろしくお願いします!こんな、私ですが、読んでいただけると 幸いです!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る